HOME > トピックス > MMC(マザー・マニファクチャー・センター)建設

トピックス

2012.06/28

MMC(マザー・マニファクチャー・センター)建設

img01

当社は、主力製品の歯科用ユニット、歯科用画像診断機器の製造の効率化と世界の製造拠点の手本となる工場の構築を目的として茨城県阿見町の茨城工場敷地 内(敷地面積33,000㎡)にMMC(マザー・マニファクチャー・センター)の建設に着手し、2012年10月稼働開始を予定しています。 MMCでは、本社工場、茨城工場近郊に分散されていた調達機能を一か所に集約し、部材投入を組立ラインに直結することによる効率化を図ります。また、工程 投入前に行われる設計・生産技術による工程設計のテストライン検討スペースを確保し、常に最適な製造プロセスの構築を目指すとともに、ここで培われた製造 ラインは、災害等リスク分散のための製造拠点の手本として移植されていきます。
MMCには1906年創業以来100年を超える歴史を踏まえ、歴史展示コーナーを設けます。これは、創業者の理念、創業当時の製品、国産初の製品群、現 在の製品、これら製造を支えてきた技術の展示を通じ、社員一同が創業者の理念、培ってきた技術を受け継ぎ、ヨシダグループ経営理念の最終目的「人々の健康 と笑顔を創造し続ける」を達成するための確認の場とし、さらにはお客様へ当社の取り組みを紹介する場とすることを目的としております。

所在地:茨城県稲敷郡阿見町大字吉原字鎌田3262番4

延床面積:5,109㎡

稼動開始予定:2012年10月

【地鎮祭の様子】
20120628_img0120120628_img03

20120628_img0420120628_img05