HOME > トピックス > ナノピクトが「グッドデザイン・ベスト100」を受賞

トピックス

2019.10.02

ナノピクトが「グッドデザイン・ベスト100」を受賞

株式会社吉田製作所の根管内カメラ「ナノピクト」が、このたび2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。また2019年度グッドデザイン賞受賞対象の中で、審査委員会により特に高い評価を得た100件に贈られる「グッドデザイン・ベスト100」にも選出されました。

 

□ 製品名称:ナノピクト

□ 製品概要:ナノピクトはΦ0.44mmの極細フレキシブルファイバーを歯の根管内に挿入し、狭小かつ複雑な形態である根管内部を直接観察する根管内カメラです。最深部となる根尖部や直視の叶わない湾曲部、抜髄状態などの観察を可能にすることで、今まで十分に見ることが難しく手の感覚に頼ってきた根管治療の精度向上をサポートします。

□ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
抜髄後の根管を洗浄、消毒、封鎖するための治療は意外に時間がかかり、歯科医が手探りで根幹最深部の深さ確認する際には痛みも伴う。この患者と医者のストレスを軽減する技術革新を第一に評価した。直径0.44mmのフレキシブルファイバーで見られる極細部の画像は鮮明で驚きがある。ペン型の本体は把持しやすく、フレキシブルファイバーを送り出すレバーの操作感も良く、操作性も含め丁寧にデザインされている。

□ グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ
  https://www.g-mark.org/award/describe/49143


グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」に出展
本年10月31日(木)から東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、ナノピクトが本年度受賞デザインとして紹介されます。
GOOD DESIGN EXHIBITION 2019
会期:10月31日(木)〜11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
  http://www.g-mark.org/gde2019/


グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
  http://www.g-mark.org/


商品ページ
  https://peraichi.com/landing_pages/view/yoshida-nanopict