HOME > トピックス > エクシードCs JIDAデザインミュージアムセレクションへ

トピックス

2018.01/18

エクシードCs JIDAデザインミュージアムセレクションへ

エクシードCsが、この度公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会のJIDAデザインミュージアムセレクションvol.19/2017に選定されました。
JIDAデザインミュージアムセレクションとは 公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)が、デザイン性、 機能性の高い製品を将来に向けて保存・記録するために、 その時代を語るメッセージを秘めた製品を選定するものです。

JIDAデザインミュージアムセレクション vol.19 2017年
http://jida-museum.jp/collection.html/selection.html/selection19

選定基準
ミュージアムの企画 ・ 運営にふさわしい内容の製品
初代であったり、その時代のマーケットをリードした製品 開発過程が提示できる製品
存在がその時代の社会の要求から生まれた製品
今までになかった生活を提案した製品
新技術による新しい生活へ提案が感じられる製品
単に良さそうではなく、語れるバックホーンのある製品
スタイリング絵の新しい提案が感じられる製品

選定委員解説文
無駄を削ぎ落としたシンプルなデザイン。ドクターと患者の両面から考えられた人間工学設計のチェア、そして清潔を維持すべき操作系やトレイを、丸洗いできるシリコンマットで覆う、という画期的な工夫が施されている。また、周辺ユニットへのデザイン的配慮が成され、その豊富なカラーバリエーションにより、理想通りの診療空間をつくり上げ、上質なくつろぎを提案している。歯科治療室にもモダンリビングなスタイル構築は、第一に患者の心を和ませ、ドクターの姿勢に品格を持たせるだろう。
(公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会 デザインミュージアムセレクション選定委員/北村光彦)

JIDAデザインミュージアムセレクションvol.19東京展開催のお知らせ
■ 展名:JIDAデザインミュージアムセレクションVol.19 東京展
■ 主催/公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会 運営/デザインミュージアム委員会
■ 開催場所: AXISギャラリー       〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4階
■ 開催期間:2018年1月18日(木)〜1月21日(日) 10:00〜18:00   ※会期中1月19日(金)午後は催事の為休館
■ 観覧料 : 無料
■ 選定品数 : 50点(46社)
東京展の情報> http://jida-museum.jp/news.html/vol19/

 

JIDAデザインミュージアムセレクションVol.19 東京展レポート (取材・撮影:吉田製作所マーケティング本部)
エクシードCsは、選定されたゴールドセレクション賞5点とセレクション賞45点、計50点とともに六本木AXISギャラリーにて展示されました。

JIDAデザインミュージアムセレクショントロフィーと、選定授与式の様子

デザイナーの思い
エクシードCsは、体型に寄らず肩/肘/腰を十分に支持し大柄体型の患者さんや、高齢患者さんへの対応、より体にフィットした長時間の着座にも耐え弾性芯材とランバーサポート、上下調整機構で体型による背中形状の違いに対応するバックレストや、女性でも脚を自然に閉じられ、深く座れる中央をえぐった座面と垂直より内側に収納したレッグレストの組み合わせなど、多様な体型の患者さんが自然な姿勢と動作になるように、チェアは形状と寸法を複合的にデザインしました。ユニット部はパーツごとの段差や、溝、面の分割を極力なくし、一塊のフォルムにすることで、清掃性を高めました。ユニット本体を傾斜させたことで、幾何学的形状の単純な組み合わせではない、シャープで先進的なイメージが作り出せ、新しいカラーや化粧シートによる展開にも挑戦できました。同時に、配管スペースにもゆとりを設け、旧機種の入れ替え設置も配慮しています。 エクシードCsを中心に円滑で質の高い歯科診療が発信されることで、術者と患者さんの絆が深まり、歯科医療の発展と国民の健康に寄与することを願っています。

 

JIDAデザインミュージアムセレクション選定について新聞に掲載されました。(日本歯科新聞 2月6日号)

エクシードCsの商品の特設サイト>https://peraichi.com/landing_pages/view/exceedcs