HOME > 重要なお知らせ > 使用期間10年以上の製品について

重要なお知らせ

2008.06/25

使用期間10年以上の製品について

一般の電線・ケーブルの耐用年数は、その絶縁体に対する熱的・電気的ストレスの面から20~30年(正常な状態)と考えられていますが、その設置される環境や使用状況によっては発煙・発火する可能性がありますので、使用期間10年以上の製品については再点検をお願い致します。

尚、コード以外にも、コンデンサ等の電気部品についても経年劣化による発煙・発火の恐れが ありますので、10年以上に渡り弊社製品をご愛顧の皆様には、下記のように点検を実施されます様お願い申しあげます。

<再点検について>
●持ち運び出来る製品については弊社にて点検を行いますので、(株)ヨシダ各営業所又は、歯科商店様等に相談の上、弊社へ送っていただきます様お願い致します。
弊社で、交換が必要な電気部品及びコードについて報告させていただき、ご了解いただければ交換を行います。(有償)

●ユニット及びレントゲン装置等の大型の機器につきましては、(株)ヨシダ各営業所又は、歯科商店様に相談の上、弊社社員が訪問して点検を行い、交換が必要な電気部品等を報告させていただきます。(有償)
部品交換についてご了解いただければ、部品の交換を行います。(別途料金)

(ご参考)
耐用年数を短くする劣化要因としては下記のような要因があります。
① 電気的要因(過電圧や過電流等)
② 電源ケーブルの内部への浸水(結果的に物理的/電気的劣化を起こす)
③ 機械的要因(衝撃、圧縮、屈曲、捻回、引張、振動等)
④ 熱的要因(低温、高温による物性の低下)
⑤ 化学的要因(油、薬品による物性低下や化学トリーによる電気的劣化)
⑥ 紫外線・オゾンや塩分付着(物性低下)
⑦ ネズミやシロアリによる食害
⑧ カビ等の微生物による劣化
⑨ 施工不良(端末および接続処理、接地処理、外傷等)
上記①~⑨の組合わせによる場合には、さらに劣化が促進される事が考えられます。

((社)日本電線工業会 技術資料第107号より抜粋)

弊社製品をご愛顧の皆様にはお手数をおかけしますが、なにとぞご理解とご協力を賜ります様 お願い申し上げます。

平成20年6月25日
(株)吉田製作所 安全管理部